チャップアップとフィナステリド(プロペシア)は相関性がありません。

チャップアップを使えばフィナステリド(プロペシア)は要らないかもしれません。
「フィナステリド」(プロペシア錠)というモノは、AGA以外の抜け毛患者には治療の効果がありませんので、そのため未成年者とか女性であります場合は、残念ですがプロペシアの薬剤の処方を受けることは不可能です。
育毛クリニックでの抜け毛治療においての、最新治療を施すための費用は、内服外用の医薬品に限っての治療以上に高額になってしまいますが、環境によってはしっかり有効性が期待できるようであります。
地肌の脂・ゴミを、よく取り除く働きとか、地肌に対し影響を与える外からの刺激を低減している等、世の中にある育毛シャンプーは、髪が元気に育つよう促進させる商品コンセプトで、開発されております。
男性・女性に限らず頭髪を将来若々しい良い状態で保つことが出来たら、また並びに抜け毛・薄毛の症状を防止するための措置があったら行いたい、と意識しているという人もたくさんいるのではないかと思います。
薄毛・抜け毛など、頭髪治療専門の病院を訪れる人たちは、年々著しく増しており、加齢が原因の薄毛の心配はもとより、20代や30代あたりの若い年齢層の人からの相談も急激に増えています。

抜け毛が増すことを妨げ、ハリのある健康な髪の毛たちを作るには、毛母細胞の細胞分裂を、出来る限り活動的にするようにする事が良いという事実は、周知の事実ですね。
実は長時間、キャップ・ハットを着用していたりすると、育毛に悪い影響を加えてしまいます。頭部の皮膚をダイレクトに長い時間押さえ続けたたままだと、毛根に必要な血が流れる作用を、ストップさせてしまう作用が働くからです。
薄毛になった際は、全て毛量が失われた環境よりは、ほとんどの毛根が多少生きているといった事が言え、発毛と育毛への有効性もあります。
実を言えば抜け毛をストップさせるための対策には、お家にいながら自身でできる日常のお手入れがとても重要であり、日々面倒くさがらずきっちり継続するか、何もせず放っておくかで、いずれ行く行くは毛髪の様子に開きが生じる確率が高いです。
薄毛についてはケアをしないままだと、やがて確実に脱け毛につながってしまい、さらにそのまま何も対処しないままでいたら、確実に毛細胞が消滅して今後まったく新たな髪が生えることが無い悲しい結果につながります。

一般的にどの育毛シャンプーでも、頭髪の生え変わりがある周期を視野に入れ、ある程度の期間続けて利用することによって効き目が実感できるでしょう。ですので、慌てずにまず1・2ヶ月継続してみましょう。
育毛シャンプーの液体は、本来洗って落すことが簡単なように、計画され販売されておりますが、それでもシャンプー液が髪に残ったままにならないよう、全部シャワーにて洗い流してしまうように日々気をつけましょう。
抜け毛対策を行う上で最初に行わなければならない事柄は、是が非でもシャンプー剤の再確認です。よくある市販品のシリコンが入っている種類の合成界面活性剤のシャンプーなどについてはまさに問題外だということは周知の事実です。
今の育毛クリニックにおいては、新たに開発されたレーザーによる抜け毛治療も実施されているみたいです。特殊なレーザーを放つことによって、頭部の血液の流れを促していくなどの成果があるとのことです。
30歳代前後の薄毛においては、まだ間に合うといえます。それはまだ若いため改善できるのです。30代で頭の薄毛に劣等感を抱いているという人は星の数ほどおります。正確な対策をとれば、現在ならば遅くはありません。

薄毛を気にかけている人の半分は対策しております

Posted on 2015年2月9日 in 未分類

一般的に抜け毛と薄毛を気にかけている男性は1260万人も存在しており、またそのうち何か努力をしている男性は500万人位と推計発表されています。この多さをみたらAGAは誰でも生じる可能性があると判断できるかと思われます。
事実抜け毛の多い頭の皮膚のケースですと、男性ホルモン自体の影響で、脂が過剰になりがちで毛穴づまり、また炎症反応を伴ってしまうことがあります。少しでも予防するためには抗炎症作用&抗菌作用が入った安心できる育毛剤がベストでしょう。
おでこの生え際の箇所から薄毛が進んでいくというケース、頭のてっぺん部より薄毛が進んでいくというケース、2種が混合したケースなどなど、数多くの脱毛進行のパターンがありますのがAGAの特徴的な点です。
自分なりに薄毛についての対策は行ってはいますが、なんとなく心配がなくならないというようなケースならば、とりあえず一度、薄毛対策を専門に取り扱っている医療機関へ訪れじっくり相談することを推奨します。
単に育毛シャンプーといえども、脂っぽい肌専用やドライスキン向けなど、体質別になっているのがあるため、ご本人の頭皮の型にマッチする種類のシャンプーをセレクトことも手を抜けません。

一般的に髪の毛は基本毛周期、大きく分けて「成長期⇒休止期⇒脱毛」というサイクルを一生くり返しております。ですので、一日において約50~100本の抜け毛であればノーマルな値であります。
ここ1~2年AGA(別名:男性型脱毛症)といった専門用語を、コマーシャルや広告などのメディアでしばしば目にすることが増加しておりますが、有名度合いは実際にはあまり高いとは言えない状況です。
育毛シャンプーに関しては、頭皮に付いている汚れを流れ落とすことにより、含有している育毛成分の吸収力を上げる効き目があるので、薄毛治療かつヘアケアにおきまして、大切な仕事を担当しています。
頭髪の抜け毛の原因については一人ひとり別々であります。ですから自分にしかるべき理由をよく調べ、毛髪を本来の健康な状態へ改善し、可能な限り抜け毛を予防する対応策をたてましょう。
実際に遺伝とは関係することなく、男性ホルモンが異常なまでに分泌することになったりなんていう体の内のホルモン環境の変化が作用して、ハゲ上がるなんてことも珍しくありません。

MAX98_kazokプロペシア錠(通称フィナステリド)は、男性型脱毛症専用でそれ以外の抜け毛の症状には治療の有効性が一切ゼロのため、未成年や女性につきましては、遺憾でありますが医療機関にてこの薬を販売してもらうことは困難です。
一般的に薄毛治療は、ヘアサイクルの毛母細胞の分裂回数に幾分か余裕が残っている内にはじめて、そして毛母細胞の残っている分裂回数のヘアサイクルの変化を、いち早く通常に戻すということが大変大切であります。
平均的に日本人の場合毛髪の生え際が少なくなるより先に、頭頂部周辺がはげてしまう可能性が高いのですけど、一方白人については特におでこの生え際・こめかみ部分が後退をはじめ、時間が経つときれこみが深くなっていき、いわゆるV字型になります。
いざ医療機関で抜け毛の治療を施してもらう時の利点といえる点は、専門の医者によって地肌・髪のチェックをちゃんとやってもらえるということと、かつ処方してくれる医薬品の強い効力にあります。
一般的にアミノ酸系育毛シャンプーは、繊細な地肌への刺激も基本的に小さく、汚れを除きつつも皮脂は確実に残す作用になっているため、育毛を実現させる際には様々な商品がある中でも最も適正があると断言できます。

自分にあったシャンプーを使いましょう

Posted on 2015年2月8日 in 未分類

MAX98_kappu単に育毛シャンプーといえども、脂っぽい肌専用やドライスキン向けなど、それぞれのタイプに分類されているのがいくつもあるので、あなた本人の頭皮の性格に適するシャンプーをセレクトということも育毛には大事です。
日々髪の毛を健康なままでいる為、育毛を促進させようと、地肌部分への過剰なまでのマッサージを繰り返す事は、実行しないように注意するようにしましょう。何でも過剰行為は過ぎたるは及ばざるがごとしですよ。
事実薄毛&抜け毛に悩みを持っている男性のほぼ90パーセントが、『AGA』(エー・ジー・エー)を発症していると見られています。これといったお手入れをしないで放っておいてしまうと薄毛が目に付くようになり、一層症状が広がっていきます。
当たり前のことですが指に力を入れながらシャンプーをしたり、汚れを落とすが高めのシャンプーを使うことは、地肌の表面が損傷し、髪の毛がハゲてしまうといったことがありえます。傷がついた頭皮自体が更にはげを促進する結果になります。
薄毛かつ抜け毛に対する悩み事を持っている方が多いとされる現代の流れですが、それらの状況から、ここのところ薄毛と抜け毛治療を取り扱う皮膚科系の専門クリニックが国内各地につくられています。

10代は当然のことですが、20及び30代であれど、頭髪はまだまだずっと成長をしていく間ですから、元来若い年齢でハゲてしまうということが、不自然なことだと思われます。
調査結果によると喫煙・睡眠不足・暴飲暴食など不摂生なライフスタイルを重ね続けている方が、健康的な生活を続けている人に比べてハゲやすいといえます。結局のところハゲは生活スタイルや食べ物の摂取方法など、遺伝以外にも後天的な要素が、重要といえます。
実際外来は、皮膚科が担当でありますが、しかしながら病院でも薄毛治療に対して詳しくないような場合は、飲む発毛剤「プロペシア」の薬だけの処方箋発行のみで済ませるといったところも、いっぱいあります。
抜け毛が生じる訳は個人個人相違します。ゆえにあなた自身に影響するファクターを見つけ出し、頭髪を本来の健やかな状態へ育て、出来る限り抜け毛を抑える対応策をたてましょう。
地肌全体の血の循環が停滞すると、将来抜け毛を誘ってしまう場合があります。その理由は髪に対して栄養を届けるのは、血液の役割だからです。だから血行が悪くなってしまえば毛髪は充分に育成しなくなります。

ここ数年、抜け毛に関する治療薬として、世界60ヶ国を超える国々で許可・販売されている薬品「プロペシア錠(フィナステリド)」を内服する治療ケースの実用数が、結構増えてきております。
事実育毛には何種類も予防手段が揃っています。育毛剤やサプリなどといったものがメインの例です。ですが、これらのものの中でも育毛シャンプーは、何よりも最も大切な役割を担当するヘアケア商品といえます。
世間に病院が次々に開院しだすと、それに伴い治療に要する金額がリーズナブルになる流れがございまして、前に比べて治療を受ける側の負担が減り、容易に薄毛治療をスタートできるようになったのではないでしょうか。
医療施設で抜け毛の治療をうける場合の良い点は、抜け毛の専門家による地肌や髪の毛の診察を直接行ってもらえること、かつ処方してくれる医薬品が備えている強力な効能があることです。
薄毛についての過度な悩み事が極度のストレスになってしまって、AGAを一層進めさせてしまうようなことも普通にありますので、たった一人だけで思い悩まずに、安心できる効果的な治療をダイレクトに受けるといったことが第一です。

専門医といってもまだまだ知識は浅い場合があります

Posted on 2015年2月7日 in 未分類

病院に受診した際の対応に差異があるのは、病院で薄毛の治療が取り組みしはじめたのが、かなり最近のために、皮膚科系の専門病院だとしても薄毛治療のことに十分詳しい人がいるというのが、多くないからだと思います。
育毛・発毛シャンプーについては、地肌の汚れを取り除き、育毛成分の吸収率を活発に促進する効力や、薄毛治療及び毛髪ケアにおいての大いに重要な役を引き受けています。
薄毛はあなどってケアをしないでいたら、段々髪の脱毛を生じるきっかけになって、さらに以降も対応せずにいたなら、毛細胞が死滅することになり将来二度と髪の毛が生じない残念な状態になりかねません。
顔面上部の額の生え際のところから薄くなるケース、頭のてっぺん部分から薄くなっていってしまうケース、これらが混じり合ったケースというようなものなど、数多くの脱毛進行のパターンが見られるのがAGAの特徴といわれています。
はじめに「男性型」と名付けられているので、男性特有の病状であるというように受け止められることが多いですが、AGA(エージーエー)については女性であれど起こって、近ごろは一気に増えてきている傾向にあります。

MAX98_hitori近頃AGA(androgenetic alopeciaを省略したもの)という医療用語を、テレビコマーシャルなどでだんだん見たり聞いたりすることがかなり多くなりましたが、有名度合いは実際にはあまり高いとは思えない状態です。
育毛シャンプーの種類の中にも、皮脂量が多い方用や乾燥肌向けのものなど、体質分けされているのが提供されているので、己の頭皮種類に最適なシャンプーをセレクトということも大切であります。
近年の育毛専門クリニック(皮膚科系)では、レーザーを用いて抜け毛治療も実施されているみたいです。特殊なレーザーを照射することにより、頭部分の血流を促していくという好影響が生じます。
将来髪を健康に保つようにするために、育毛効果を得る対策には、地肌への不正確なマッサージを行うのは、絶対しないように気を付けてくださいね。もろもろ過ぎてしまってからは取り返しがつきませんよ。
皮膚科であっても内科であっても、専門分野のAGA治療を行っているケースと施していないケースがあったりするもの。AGA(androgenetic alopeciaを省略したもの)をしっかり治療・改善したいようであったら、第一に専門施設を選定すると良いでしょう。

性別が男性の場合、早い方は18歳を越えたあたりからはげになりだし、30代の後半より急ピッチにはげが進むこともあったり、年代や進行状況にとても開きがあるようです。
日中は日傘を差すことも、忘れてはならない抜け毛対策のひとつです。ですから是が非でもUV加工されておりますタイプのものを購入するように。外出する時のキャップやハットや日傘の携帯は、抜け毛対策を行うにおいて必要アイテムです。
現代においてストレスを無くすのは、かなり難しいですけど、出来るだけストレス減の活動を送るということが、最終的にはげを防止するために必要なことといえるでしょう。
日々の不健全な生活によりお肌がボロボロに荒れてしまうように、実際不規則な食事内容・生活スタイルを止めずにいることで、毛髪を含んだ頭の天辺から足の指先まで体全体の健康維持にいろいろと良くない影響を及ぼし、そのうちAGA(エージーエー)に罹る恐れが高まるでしょう。
実際美容・皮膚科系クリニックで、AGA治療を主な専門としています際、育毛メソセラピー、またクリニック自身が研究開発した処置法を活かして、AGA治療に努めているとした場所が増えてきているようです。
MAX98_hitori

暴飲暴食と偏食は髪の毛によくありませんよ

Posted on 2015年2月6日 in 未分類

MAX98_coinm喫煙および年中寝不足、飲酒量が多い、好きなものしか食べない等身体に悪い影響を与えるライフスタイルを続けていると、将来ハゲやすくなります。結局ハゲについては生活の習慣及び食事スタイルなど、後天的なことが、非常に重要になると断言できます。
市販の普通のシャンプーでは、非常に落ちにくいとされる毛穴の汚れも十分に洗い落としてくれて、育毛剤などの中に配合している有効ある成分が、地肌への吸収を促す環境状態に整えていく働きを担うのがつまり育毛シャンプーなのです。
せっかくなので「薄毛の治療・改善をきっかけにして、心身ともに健やかにしてみせる!」という感じの熱心さで前向きに行動することで、その分早く治癒に至るかもしれないです。
普通30代ゾーンの薄毛は、まだ間に合うといえます。まだ若い時期帯であるから回復力が高いからです。30代にてすでに薄毛のことに悩みを抱いている方は多くいらっしゃるでしょう。しっかりした対策をとれば、今日からであれば未だ遅いと言うことはないはずです。
薄毛のことが悩みだしたようであれば、できればスピーディに医療機関において薄毛治療をはじめることによって、改善もとても早く、またその後における保持も実行しやすくなるはずです。

薄毛治療のタイミングは、約40~50回ある毛母細胞の分裂の回数に幾分か余裕が残っている内に取り掛かり、そして毛母細胞の残っている分裂回数のヘアサイクルを、速やかに自然に戻すことが特に重要でございます。
健康に悪影響な生活を送っているとお肌がボロボロに汚くなってしまうように、不健康な食事・かつ生活スタイルは、髪の毛に限らずカラダ全ての健康維持に対してもかなりダメージを与え、AGA(androgenetic alopeciaの略)を誘発する恐れが大いに高まってしまいます。
最近『AGA』(エー・ジー・エー)が世の中の多くの方に認識されるまでになったため、一般企業が経営している発毛・育毛専門治療クリニックのみでなく、病院においても薄毛の治療をすることが、普通のこととなってきました。
プロペシア錠(国際一般名フィナステリド)は、男性型脱毛症に限っての薬でそれ以外の抜け毛については治療・回復効果が一切ゼロのため、それ故未成年者及び女性であります場合は、遺憾でありますがプロペシア錠剤の処方を受けることは不可能だと言えます。
医学的根拠からも薄毛、抜け毛が発生する要因は数種類あるといえます。大別すると、男性ホルモン、遺伝などによるもの、食事と生活に関する習慣、メンタルストレス、さらに地肌ケアの不正確なやり方、身体の病気・疾患類が挙げられます。

地肌の皮脂を、しっかりと取り除き清潔な環境に整える機能や、頭皮にダメージを与える多々の刺激を抑制しているなどなど、世の中に存在している育毛シャンプーは、髪の成長を促すことを目指す想いが込もったコンセプトで、研究・開発されております。
とにかく薄毛の様子が進み至急対応しなければいけないという際、かつまたコンプレックスを抱えているような際は、絶対に信頼できる医療機関で薄毛治療を実行するといったことを推奨いたします。
まだまだ薄毛がたいして進行をみせておらず、長い時間をかけて発毛を目指したいと計画しておられるようでしたら、プロペシアだとか、ミノキシジルなどの男性型脱毛症用薬の内服するタイプの治療の対応でも差し支えありません。
一般的に髪の毛を元気な状態でいつづけるために、育毛への働きかけをしようと、頭への度が過ぎた頭皮マッサージは、しないようにしましょう。何事も色々行過ぎた行為は返って逆効果です。
髪の毛が生える一番の頂点は、夜22:00~夜中2:00くらいが活発です。可能な限りこのタイミングには眠りについておくということが、抜け毛対策を目指す過程ではすごく重要だと断言できます。

ただの皮膚科では意外にAGAに詳しくない場合があります

Posted on 2015年2月5日 in 未分類

皮膚科であっても内科であっても、AGAに関する専門治療を行っているところとしていないところがあったりします。悩みのAGAをきっちり治療したいようであれば、まず専門の施設に決めることをおススメいたします。
多少の抜け毛の数ならば、必要以上意識することは無いでしょう。抜け毛に関して行過ぎるくらい考えすぎてしまっても、余計ストレスにつながりかねません。
実は育毛・発毛クリニックでの抜け毛治療を受ける際の、最新治療の費用に関しては、内服外用の薬剤に限る治療と比較してすごく高額となりますが、それだけしっかり好結果があらわれるといわれています。
薄毛に関しては、完全に頭部の髪の毛が失われた具合よりは、大部分が毛根が少なからず生きていることが現実的に考えられ、発毛且つ育毛にとっての効き目も望めるはずです。
大部分の男性は、人より早い人は18歳ぐらいからはげあがってきて、30歳代後半からまたたくまにはげが進むということもあり、歳と進行スピードの現実にビックリするほど幅が見受けられます。

MAX96_m事実抜け毛の多い頭の皮膚のケースですと、男性ホルモン自体の影響で、脂が過剰になりがちで毛穴づまり、また炎症反応を伴ってしまうことがあります。少しでも予防するためには抗炎症作用&抗菌作用のあるような安心できる育毛剤がお勧めでございます。
例えば薄毛を気にかけることが大きいストレスになりそれが影響して、AGAを酷くさせる例もしばしばございますから、たった一人だけで悩んでおらずに、安心できる効果的な処置内容を受けることが大事といえます。
男性特有のハゲには、AGA(エージーエー)や若ハゲ、または円形脱毛症など何種類ものタイプがありまして、実際は、各人のタイプごとで、理由についても人ごとに違いがみられます。
髪の主な成分は髪だけでなく爪・皮膚の角質層を形成するケラチンというタンパク質で作成されております。それですから最低限必須のタンパク質が満たない状態だと、髪の毛が十分に育つことが不可能になり、さらに適切なケアをせずに放置しておくとハゲになります。
薄毛と抜け毛について不安を持っている方たちがますます増加している現代の流れですが、このような事態を受けて、近年においては薄毛かつ抜け毛治療に向けての専門医療施設が日本全国にたくさんオープンし数が増えています。

事実30歳代の薄毛ならば、未だ時間がある。まだ若いおかげで回復力が高いからです。30代ですでに薄毛のことに悩んでいる人は数え切れないくらいます。確実な対策をすることによって、今の時点からならなんとか間に合うはずです。
今の時点であなた自身の頭の毛髪かつ地肌の表面が、はたしてどれだけ薄毛になってきているかといったことを確認するといったことが、大切なのであります。これらを前提において、早い時期に薄毛対策を行うといいでしょう。
よくあるシャンプーの利用では、落ちるのが難しい毛穴の汚れもバッチリ洗い流し、育毛剤などに含まれる効き目のある成分が出来る限り、地肌に浸透しやすくなるような環境状態に整えていく働きを担うのが育毛専用のシャンプーです。
そのうち薄毛が生じるのが不安な人が、育毛剤を抜け毛を抑制する有効性を期待し役立てることが出来ます。薄毛が広がる前に使用し続けることにより、脱毛の範囲を抑えることが夢ではありません。
実際抜け毛をよく見たら、抜け落ちた髪が薄毛になりつつある髪なのか、もしくは繰り返しおこる毛周期が理由で抜けた髪の毛であるかどうかを、見分けることが可能ですのでチェックしてみましょう。

実際に症状がひどくなくても少しの薄毛で

Posted on 2015年2月5日 in 未分類

MAX87_yono昨今、薄毛や抜け毛で、育毛治療の専門病院に足を運ぶ人数は、徐々にプラス傾向にあり、年をとることによる薄毛症状の悩みに関わらず、20・30代の若い層の方からの相談も多くなりつつあります。
自己判断で薄毛についての対策は行っておりますが、依然心配してしまうというような場合は、まず一度、薄毛の対策を専門にしているといった医療施設へ伺っていろいろ相談されることを推奨します。
頭髪は、身体のてっぺん、言わばどの部位よりも目に付くようなところに存在しますから、抜け毛、薄毛に関して気になっているという方には実際、避けられない大きな問題です。
普通薄毛の症状であれは、全部毛髪が抜け落ちたようなレベルよりは、毛根が死なずに若干でも生きていることが可能性として高く、発毛と育毛への有効性も望めるはずです。
事実遺伝は関係なしに、男性ホルモンがひどく分泌されることになったりなどからだのうち側のホルモンバランスにおける変化が関係して、頭のてっぺんが禿げる事例もあったりします。

一般的に育毛にはツボを指圧する頭皮マッサージも、良い効き目を生む方法のひとつでしょう。百会(ひゃくえ)、風池(ふうち)、天柱(てんちゅう)の3ヶ所のツボ位置を押すことにより、薄毛、そして抜け毛の予防に効力があるようです。
何年後かに薄毛が起きる事が心配で今から気になっている人が、育毛剤や発毛剤を脱毛予防の目的として役立てることが出来るといえます。薄毛の進行前から活用すれば、脱毛の進み具合を多少先延ばしすることが期待できます。
抜け毛が引き起こるワケは人によって色々です。なので己にマッチする要素をよく調べ、毛髪を本来の健やかな状態に整え、抜け毛を抑制する措置を実施しよう。
汗の量が多い人とか、また皮脂の分泌が比較的多い方は、日々シャンプーを継続することで髪や地肌を綺麗に保ち続け、必要の無い皮脂がさらなるハゲを進行させる引き金にならないように注意していくことが必須条件でございます。
日常的に日傘を差すようにすることも、必ず行うべき抜け毛対策法です。極力UVカットの加工がされたタイプを選択すべできです。外出時におけるキャップやハットかつ日傘は、抜け毛の予防対策をする上で必須アイテムです。

通常育毛シャンプーというものは、頭皮に残った汚れをきっちり落とし、含まれている効果的な育毛成分の吸収加減を著しくする効き目であったり、薄毛治療かつヘアケアに影響する大切な働きを果たしております。
現代社会ではAGAをはじめとして、円形脱毛症や脂漏性脱毛症(しろうせいだつもうしょう)など、いろいろなタイプの抜け毛の症状をもった患者が大勢になっているため、医療機関側も各々に適する有効的な治療法で対応してくれます。
「頭を洗ったらすごく沢山の抜け毛が落ちる」そして「クシで髪をとぐ時に目を疑うほど抜け毛が」そのような時から早期に抜け毛予防をしないと、ハゲてしまうことになります。
育毛シャンプーに関しては、本来洗って落すことが簡単なように、計画されているのですが、シャンプー液そのものが髪の隙間に残存していることがないよう、すべてシャワーのお湯で洗い落としておくことが必要です。
不健康な生活が影響してお肌に吹き出物ができて荒れてしまうみたいに、実際不規則な食事内容・生活スタイルを行っていると、髪の毛はじめ全身の健康維持に関してかなりダメージを与え、AGA(男性型脱毛症)になってしまう場合がとても多いようです。